2010-01-27

[event]2/5 ISP交流セミナー「高齢化社会におけるエンターテイメント」にて講演します

2月5日(金)に、石川県産業創出支援機構の主催により、ISP交流セミナー「高齢化社会におけるエンターテイメント~エンターテイメントの新しいかたち~」が開催されます。

日  時 : 2010年2月5日(金) 14:30~16:00
場  所 : 石川ハイテク交流センター(能美市旭台2丁目1番地)
講  師 : 情報科学研究科教授 飯田弘之
      ㈱グルーブシンク代表取締役 松井 悠

申込締切 : 2月4日(木)

詳細はこちら
http://dgnet.isico.or.jp/etc/view.phtml?uk=00033035

2010-01-19

クラン運営相談室、第二回掲載


第二回「自分のクランを作ってみたい!!」
http://www.dharmapoint.com/onayami_soudansitu/2

ゲーミングデバイスのダーマポイントさんで第二回目の連載が掲載されました。

今回は、クランの作り方について。

皆さんの相談、お待ちしております(さっそく何通か届いているようです、ありがとうございます)。

2010-01-14

PC向けゲーミングデバイス「Razer」が家庭用ゲーム機プロダクツを発表

PCゲーマー向けのハイエンドデバイスを製作しているRazer社が、Xbox 360向けのゲーミングデバイスを発表しました。
Razerは、マイクロソフト社とのコラボレーションモデルも出しているので、ご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか。
そのRazerが、今月Xbox 360用のデバイスを発表しました。

コントローラーと、ヘッドセットの2つになります。

■Razer が Xbox360 用のコントローラー『Razer Onza Professional Gaming Controller』を発表
http://www.negitaku.org/news/11998/

■Razer が Xbox360 用のゲーミングヘッドセット『Razer Chimaera Professional Gaming Headset』を発表
http://www.negitaku.org/news/11997/

家庭用ゲーム機のゲーミングデバイスは、北米市場が非常に元気で、コントローラーやジョイスティックを始め、ギター型コントローラー、マウス併用型コントローラーなど、様々なプロダクツが発売されています。

2010-01-07

カリフォルニア大学でStarCraftのAI大会が開催、人間対AIのイベントも

Starcraftに関する情報を掲載されている、「StarCraft Times」さんで、以下のニュースが掲載されていました。

今年の9月から10月にかけて、アメリカのカリフォルニア大学サンタクルーズ校で「Artificial Intelligence and Interactive Digital Entertainment 2010 (AIIDE 2010)」という科学イベントが開催されます。
そのイベントの一部としてStarCraftのAIコンペティションを開催、RTSにおけるAIシステムの研究と発展を目的としているようです。このカリフォルニア大学は、以前にお伝えした大学でのStarCraft専門授業も開設しており、その内容もかなり専門的なものになりそうです。
http://sc-times.net/item/2644 より

StarCraftは、韓国や中国をはじめとして、国際的なe-sportsイベントで競技タイトルに採用されているRTS(リアルタイム戦略ゲーム)です。

プレイスキルとしては、戦略の構築と、それを実現する膨大な操作量が求められます。
参考に、昨年のWorld Cyber Gamesでの試合動画を貼り付けておきます。




ゲーミングデバイスの「ダーマポイント」オフィシャルサイトでクラン運営に関する連載開始


ゲーミングデバイスブランド、ダーマポイントのオフィシャルサイト内で、オンラインゲームのクラン(一緒に遊んだり、試合に参加するチーム)の運営についての相談室企画ページがスタートしました。

「松井先生」という肩書きがなんか恥ずかしい感じですが、よろしくお願いします。

ページ内のリンクから、お悩み相談フォームに移動できます。

海外では、多くのクランが国際e-sports大会への参加を目指したり、日々のゲーム仲間として活動を行っています。

http://www.dharmapoint.com/onayami_soudansitu/1