2013-02-15

第4回アジア室内競技大会、2013年6月開催。採用競技にはe-sportsも。

2013年6月29日から、7月6日の期間、アジアオリンピック評議会は、「第4回アジア室内・マーシャルアーツ競技大会」を開催します。 ホストシティは、韓国・仁川。採用される競技は、以下の84種目です。


LIST OF SPORTS









































2009年に開催された第3回アジア室内競技大会に引き続き、"electronic sports"が競技種目に採用されています。

本種目の仕切りを行うスポーツ連盟は、2008年に発足した『International E-sports Federation(IeSF)』。日本でもサービスが行われているタイトルの国際大会を行っているので、聞いたことがある人もいるかもしれません。ちなみに、現時点では日本はこの連盟に参加していません(むしろ、連盟に参加するための母体となる競技団体・連盟が存在していないといったほうが正しいかもしれません)。


参考リンク:ゲームの国際団体設立へ大きく前進 - 国際eスポーツ連盟の協約式が開催
http://news.mynavi.jp/news/2008/08/12/031/index.html


現時点で発表されている競技種目は、以下の通りとなっています。



MIXED
  Dota Allstars
  FIFA
  FIFA Soccer 09
  League of Legends
  NBA Live
  NBA Live 2007
  Need for Speed
  Special Force
  Starcraft
  Tekken

※筆者注 タイトルが古いのものについては、最新バージョンが採用されるのではないかと思われます

現時点では、日本の参加は発表されておりませんが、このあたりの経緯については『日本 eスポーツ協会設立準備委員会(JESPA)』による『2009 年度中間報告会』にて詳しく紹介されています。(Negitaku.orgによるレポート記事はこちら: http://www.negitaku.org/news/10926/

アジア室内競技大会についての情報は、引き続きアップデートがあり次第、更新していきます。

アジア室内競技大会e-sportsページ
http://www.ocasia.org/Sports/SportsT.aspx?AMPuohtNGyxFinVzEIKang==