2009-04-08

[event]4/25 第三回IGDA日本デジタルゲーム競技研究会

■日時
2009年4月25日午後4時~5時
(午後3時45分開場)

■場所
秋葉原UDX4F 東京フードシアター

■参加費
2000円(ワンドリンク付)
※領収書が必要な方はお申し付け下さい

■講演概要
▽「元祖Quakeから現在まで。フェアでクイックなネットワークゲーム実装の分析」(仮)
▽概要
e-sports的なゲームを開発するに当たって必要となる、正確性・即応性の高いネットワークゲームロジック。その好例としてQuakeをはじめ、Cunter-Strikeに至る進化や、レースゲーム、格闘ゲームなどでの典型的なアーキテクチャを振り返る。
▽講師
佐藤カフジ氏
オンラインゲームメディア Impress GAME Watchを中心に活動するフリーライター。‘97年に株式会社ドワンゴに入社し、ネットコード専門プログラマとしてネットワークゲームの技術開発に携わる。同社退社後は複数のオンラインゲーム開発プロジェクトに参加したのち、07年よりライター業に転身。

■備考
午後5時より、同会場で私が主催する、「ゲームに関するありとあらゆる人々の交流会」、ゲーマーズラウンジがスタートします。
研究会にご参加いただいた方は、無料でゲーマーズラウンジにご参加いただけます。

▽ゲーマーズラウンジについての詳細はこちら
http://mixi.jp/view_community.pl?id=982112

■参加について
松井宛にメール( yumatsui@gmail.com )をお送りいただくか、mixiコミュニティのイベントトピックにご登録ください。
事前の資料準備の兼ね合いもございますので、参加表明は必ず行って下さいますよう、お願いいたします。
なお、参加の締め切りは4/25 午後5時までとさせていただきます。ご了承下さいませ。

■主催
IGDA日本

■運営
株式会社グルーブシンク