ヘタな男性プレイヤーは女性に当たりがち?

2015年9月24日  2015年9月24日 


遺伝子学や心理学とさまざまな分野の研究論文を取り上げる情報サイト『PLOS ONE』で、ヘタクソな男性ゲーマーは女性に厳しく当たりがちという研究結果を掲載しました。






この研究は、オーストラリアのニュースサウスウェールズ大学とアメリカのマイアミ大学の研究チームが女性差別的な行動をより明確に理解するために行いました。女性を下にみている男性は、女性に負けることによって自身のゲーム内での上下関係が崩れ、その不甲斐なさから女性に敵対的な行動をとると仮説し、その検証をするためにマイクロソフトより発売されたXbox 360用のFPS『Halo3』を使用しました。これは個人の実力がスコアとして如実に現れ、オンライン上でも会話が可能なボイスチャットを使用して遊べることから、男性の敵対的な行動や発言が調査しやすいために採用されたと考えられます。


その研究結果として、ゲームで女性よりもスコアや対戦結果が悪かった男性プレイヤーは女性プレイヤーへのネガティブなコメントが増えた一方で、好スコアを連発するような上手い男性プレイヤーに対しては従順に振る舞いました。対照的に上手い男性プレイヤーは女性プレイヤーに対してポジティブなコメントが多い傾向にありました。




また、PC用のチームストラテジーゲーム『League of Legends』の開発会社であるRiot Games社が2013年に、チーム志向でポジティブなプレイヤーの方がゲームに勝てる傾向があるとする動画を公開しています。






〔出典〕Insights into Sexism: Male Status and Performance Moderates Female-Directed Hostile and Amicable Behaviour
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0131613
ー記事をシェアするー
B!
タグ

Translate

About this blog

IGDA日本デジタルゲーム競技(e-sports)研究会ブログについて。

このサイトは国際ゲーム開発者協会(IGDA)日本のSIG、「e-sports/デジタルゲーム競技」研究会のブログです。
世界のe-sports情報や、勉強会報告資料などをこちらに掲載していきます。
また、当ブログに投稿を行ってくださる方、IGDA日本デジタルゲーム競技研究会のボランティア運営に携わってくださる方を募集しています。お問い合わせは下記のメールアドレスへどうぞ。

■研究会世話人
松井 悠 yumatsui@gmail.com

※ここにあるblogエントリは、それぞれの投稿者が個人的な見解を記すものです。
文責は投稿者にあります。IGDA日本は、blogエントリの内容について一切の責任を負いません。
また、blog エントリに記された見解と、IGDA日本の公式な見解が一致することも保証しません。
人気の投稿